まったり庭。

ゲームとか読書とかファンアートとか

想像力のブレーキを外すカギは盗むことだ/『クリエイティブの授業』

f:id:kochadofu:20190124200546j:plain

「オリジナルでなければいけない」風潮がまだまだ強い昨今、
作り手側でも、無(ゼロ)から作らなければ…という強迫観念を持っている方もいるのではないでしょうか。

もしも、そういう自分への追い込みで創造の手が止まっているなら、『クリエイティブの授業 STEAL LIKE AN ARTIST〜10 Things Nobody Told You about Being Creative〜』(著:オースティン・クレオン、訳:千葉敏生、実務教育出版)がきっと背中を押してくれます。

著者は、新聞を黒塗りして、単語を浮かべて詩にするアーティスト。
その斬新な手法は本書にも取り入れられていて、とてもワクワクしながら読み進めることができます。

アーティストのように盗め。ただし…

表紙にもあるように、本書では「STEAL(盗む)」という言葉が頻繁に出ます。

アーティストはよくこんな質問をされる。
「どこからアイデアがわいてくるんですか?」
正直なアーティストはこう答える。
「そりゃ、盗むのさ」
(ページ13) 

「僕がじっくり鑑賞するのは、盗めるところがある作品だけだね」デヴィッド・ボウイ(イギリスのミュージシャン)
(ページ14)

なぜ「盗む」のかというと、

創作作品には必ずベースがある。100パーセント”オリジナル”なものなんてないんだ。
(ページ15)

だからこそ、オリジナルでなければというプレッシャーから解放して、他人の影響を受けても良いんだと。受け入れることから始めようと述べています。

他人の技や良いと思ったネタを盗んでストックしていくのです。

ただし、そのまま盗むだけではダメです。

君がたった1人の影響しか受けていなければ、君は第2の〇〇と呼ばれるだろう。だが、100人から盗んでしまえば、”君はオリジナルだ!”と言われるのだ。
(ページ44)

ここでハッとさせられます。

盗んでコピーするだけでは贋作にしかなりません。対象のアーティストの世界観を、作品の本質を理解して、自身へ消化していくことで、ものまねを超えるということです。

それが”オリジナル”です。

本書の構成

本書は、主に4つにわけて、
クリエイティブな人生を送るためのアドバイスを提案しています。

  • 創作の知恵
    ③自分の読みたい本を書こう,④手を使おう,できるまではできるフリ
  • 考え方のコツ
    ⑥無名を楽しもう,評価を求めない
  • デジタル時代のヒント
    デジタルとアナログの空間を分けよう,インターネットに自分の世界を作ろう
  • 生き方のアドバイス
    ⑧他人には親切に,⑨平凡に生きよう,定職をもとう

気になる項目を読むだけでも、今の自分を振り返ることができて良い刺激になると思います。

最後に

本書は、厚みは薄め(164ページ)で、図も随所にちりばめられていて読みやすくなっています。

ページ47の”よい盗み方と悪い盗み方”のリストは、どこかで見たことがある人も多いのではないでしょうか。

「オリジナルでなければ」と肩肘張って創造の手が止まっている人には、背中を押してくれる、そんな一冊です。

ホームプライバシーポリシーお問い合わせ