まったり庭。

ゲームとか読書とかファンアートとか

英語学習は絵から始まる/『英語多読 すべての悩みは量が解決する!』

f:id:kochadofu:20190228183658p:plain

最近はドット絵(pixelart)の勉強に、英語の海外のサイトを見るようにしています。国内の教材が少ないのと、海外ではpixelartが盛んなため情報が豊富にあるからです。
もちろん言語は英語です。
ですが、私にとって英語は……「全部翻訳しなきゃ」や「意味あってるのかな?」となんだか力んで読んでしまい、読み終わった後はけっこー疲れてしまいます。

そんな脅迫観念にとらわれて結局勉強が長続きしない、なんてことありませんか?

本書『英語多読 すべての悩みは量が解決する!』(著:繁村一義・酒井邦秀、アルク出版)では、ほとんどの人が体験してきただろう学校の英語学習とはちがうアプローチで、英語で書かれた文章を気軽に・楽しく読めるようになる方法が書かれています。

その方法は、英語の本を多読することです。
私は今までは英語を解読するかのように読んでしまい、楽しさはありませんでした。しかし、本書を読んでからは気持ちがとても楽になりました。

絵本を読むこと+多読三原則

今までの英語学習が身につかなかった理由

英語の本を多読するには2つのポイントがあります。

1つ目は、多読は「多読三原則」にのっとって読んでいくこと、2つ目は、絵本から始めることです。
(『英語多読』”はじめに”)

多読三原則とは、

①辞書は捨てる
②分からないところは飛ばす
③自分に合わないと思ったら投げる
(『英語多読』”はじめに”)

を表しています。
捨てる・飛ばす・投げる…この言葉だけだと、ほとんどの人にとって学校で教わってきたことと真逆で、疑わしく思えるでしょう。

しかし、読み進めると「なるほどな」と納得できます。

著者は、これまでの学習法の問題点として、下記を要因として挙げています。

*量が圧倒的に足りない
*質が極めて悪い
(『英語多読』”第1章 これまでの学習法の問題点とは?”)

今までと同じやり方で、今まで以上に頑張るのか
それとも
今までとはまったく違う「多読」の道を試してみるか
(『英語多読』”第1章 これまでの学習法の問題点とは?”)

いろんな学習法を試してダメだったのなら、それは自分に合わなかったのです。
今までの学習とは違う「英語多読」。この方法は自分に合うか?と本書を通して考えさせてくれます。

また、大半の英語ができない日本人は「量が圧倒的に足りない」と指摘しています。

(略)中学、高校の6年間で読む英語は約8万語前後。(略)これは、日本語の文庫本に当たる、英語のペーパーバック1冊分の一般的な分量とほぼ同じです。
そこで考えてみてください。日本語の文庫本1冊を6年かけて読んでいる外国人がいるとして、あなたはその人が、6年後に日本語がうまくなっていると思いますか?
(『英語多読』”第1章 多読の吸収量 対 英語学習の吸収量”)

たしかに文庫本1冊くらいを読んでも、その言語がうまくなるかと言えば否でしょう。
そもそも、あの6年をかけてそれくらいの分量だったことに衝撃を受けます……。

多読のモットーは「楽しく!」辞書なしで!

f:id:kochadofu:20190304173158j:plain
photo by Carol VanHook

では多読をするなら、まずは何を読んでいくのか。
それは、絵本です。
絵を読む➾文字を読むへ移るように読んでいきます。

文字が少なくて絵がメーンになっている本なら、物語やメッセージを文字で事細かに伝えることはできませんから、できるだけ絵に頼らざるを得ません。
ですから、絵を見ている=絵を読めば、その本のメッセージが理解できるはずです。
(『英語多読』”第4章 多読のオーソドックスな取り組み方”)

絵のニュアンスとフレーズを結びつけていくことで、あるとき、文字を見ただけで絵のイメージを思い起こすようになるそうです。
だから、まずは厚い本からではなく、絵本から始めることをすすめています。

ちなみに読むときは、多読三原則を忘れずに
①辞書は捨てる・・・辞書を引いてるとペースが落ちて、解読のようになるからいらない。
②分からないところは飛ばす・・・推測せず見なかったことにする。
③自分に合わないと思ったら投げる・・・意味不明な言葉、つまらない等でストレス溜まるなら、次のきっとワクワクする本を読もう。ベストセラーでも、今の自分に合わなかっただけかもしれない。

絵本サイト

英語の絵本を入手するには、以下の方法があります。

  • 書店/通販サイト
  • 図書館
  • Webサイト

初めの一歩をふみ出すならネット(Webサイト)がいいかもしれません。
サイトによっては、レベルごとに絵本が用意されていたり、音源・映像があります。YouTubeにも読み聞かせ動画があるので、ハードルは低そうです。

本書に載っているサイトのひとつに「Oxford Owl」があります。
まずは、ここからチョイスして、絵を読む+多読三原則を使って絵本を読むといいでしょう。

tadoku.org

さいごに

英語多読は、魔法のようにすぐに読めるものではありません。
たくさん英語に触れて、和訳せず、絵と文字を体に流し込んでいきます。
そうすると、数週間から効果を感じ始め、半年〜2年後には1冊2000〜5000語の児童書へ。2〜3年後はオンライン英会話で「他の日本人とちがう」と言われるくらいのテンポさが身についた という人もいるそうです。

私はいつも英語を読めない、身につかないことに悩んでいました。しかし、本書を読んでからは、本書のやり方をなぞっていき、数年後には海外の専門サイトへ気軽に見に行けるようになりたいなと思うようになりました。

まずは絵本サイトで、気楽に英語に触れるところから始めてみます。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございます。

※Kindle版では、Prime会員なら今なら無料で読めます。 

ホームプライバシーポリシーお問い合わせ